宮古島でペンションに泊まるなら【おすすめの宿】

国内旅行
スポンサーリンク

宮古島といえば、碧い海が美しい大人気の観光地ですね。

国内だけでなく海外からも毎年のように観光客が訪れ、その数は年々増加しています。

 

そんな宮古島ですが、観光地だけあって、宿泊施設も豊富にそろっています。

 

手軽に泊まれる素泊まりのビジネスホテルもあれば、

少人数でアットホームな雰囲気のペンションや民宿もあり、

はたまたプール付コテージなど贅を尽くした高級リゾートホテルなど…

 

どこに宿泊するかで迷ってしまいますよね。

 

私は主人と2人で宮古島に2度ほど宿泊しているのですが、お気に入りのペンションがありまして、いつもそこに泊まっています

今回は、私たち夫婦お気に入りの宮古島のペンションをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

宮古島ペンションのおすすめはこちら!

私の宮古島おすすめペンションは、池間島にあるペンション「凸凹屋」さんです。

「でこぼこや」さんと読みます。ちょっとユニークなお名前ですね。

 

ちなみに池間島というのは宮古島の北西に位置する小さな島で、

宮古島とは橋でつながっていますので、車で気軽に行き来が出来ます。

私がこの「凸凹屋」さんをおすすめする理由はこちらです。

  1. 静かな島で、時間を忘れのんびり過ごすことが出来る
  2. 設備が充実していて、海遊びにも最適!
  3. オーナー手作りのご飯が美味しい!種類も豊富!

一つずつ詳しくお話しさせていただきますね。

 

1.静かな島で、時間を忘れのんびり過ごすことが出来る

冒頭で「宮古島は年々観光客が増加している」と言いました通り、宮古島本島はだいぶ観光地化が進み、賑わいを見せているようです。

 

凸凹屋さんがあるこの「池間島」はいい意味で観光地化があまりされておらず、喧騒とは無縁の落ち着いた雰囲気があります。

観光スポットというほどのスポットもあまりないので(その代わり美しい自然がいっぱい!)訪れる人もそこまで多くありません。

 

 

朝は凸凹屋さんの目の前の海を眺めながらのんびり散歩をしたり…

夕方は食事を取りながらキレイな夕日を眺めたり…

夜は腹ごなし&酔い覚ましに外に出て星空を眺めたり…

 

本当に時間がゆっくり流れるのを感じられました。

日常とは打って変わって、何にも縛られない、贅沢な時間を楽しむことが出来ました。

 

加えて、凸凹屋さんは一日3組限定のペンションなので、宿内の喧騒も全くなく夜も静かです。

人混みがあまり好きではない私たち夫婦には、かなりポイント高かったですね。

 

賑やかなのももちろんいいと思いますが、

離島ならではのゆったり、のんびりとした時間を楽しみたいという方、

日頃の疲れを自然の中で癒したいという方には、まさにピッタリの宿だと思います。

 

2.設備が充実していて、海遊びにも最適!

宮古島に観光に来たとなると、外せないのが海でのアクティビティですよね。

嬉しいことに凸凹屋さんでは、シュノーケルマスクやライフジャケット等のマリングッズを無料で貸出してくれます!

本州から飛行機で旅行に来る場合、マリングッズって結構荷物になるので、これはありがたいですね。(ただし数に限りがあるのでご希望に添えない場合もあるそうです)

 

さらに嬉しいのがペンション屋外にシャワーと洗濯機が置いてあり、こちらも無料で使わせてもらえます!

海遊びでついた砂も落とせるし、水着も洗濯・脱水してすぐに干すことが出来ます。

シャワーと洗濯機はチェックアウト後も使わせてもらえるそうなので、旅行最終日にもう一泳ぎ…なんてこともできちゃいますね。

 

 

お部屋もそこらへんのビジネスホテルより全然広くて快適でした。

ツインのベッドがあって、ソファーもあるので好きなようにくつろげます。

部屋の冷蔵庫も、ホテル用の小さいやつではなく、家庭用の2段式冷蔵庫が置いてあるので、買ってきた飲み物や食料をたくさん入れておけます。

 

 

そして凸凹屋さんの名物というか、他の宿とは一番異なる点がお風呂です!

バスタブが、驚きの超巨大サイズなんです!!(笑)

具体的な大きさを聞きそびれたのですが…身長186cmの私の主人が寝そべることが出来るくらい広かったですよ!

 

難点はお湯を張るのに時間が掛かってしまうことですが(笑)

それでも遊び疲れた体を存分に伸ばしながら湯船に浸かれるのは最高ですね。

特に長身の主人は、ここぞとばかりに手足を広げて喜んでいました( *´艸`)

 

私たちは2階のお部屋をいつも予約するのですが、2階は広いベランダが付いています。

洗濯した水着を干すだけでなく、椅子に座って夕日を眺めたりも出来ますので、宿泊するなら2階のお部屋がおすすめです。

 

3.オーナー手作りのご飯が美味しい!種類も豊富!

凸凹屋さんでは夕食付プランを申し込めば、宿の食堂で夕ご飯をいただくことができます。

オーナーさん手作りの夕食メニューは、なんと20種類以上あります!!

 

  • 宮古牛すき焼き
  • 4品コース(和食版と洋食版あり)
  • 定食メニュー(宮古牛ハンバーグ定食、刺身定食など)
  • 丼メニュー(まぐろ丼、宮古牛丼、美ら鶏親子丼など)
  • カレーやパスタ+サラダ・ドリンクのセットメニュー などなど…

 

他にも単品のメニューがあったり、季節限定で宮古牛BBQや美ら豚しゃぶしゃぶなんかも楽しめるそうです!

 

どれにしようか迷うのですが、私たち夫婦はいつも「4品コース」にしてしまいます。

こちらが、一番品数や色んな食材を楽しめるので…

 

↓こちら4品コース「洋食」

 

左)紅芋のサラダ…お芋がむっちりしてて美味しいんです

右)近海魚のカルパッチョ…青いうろこが特徴的なイラブチャーです

 

左)美ら豚のクリームパスタ…お肉が柔らかい!ゴーヤのアクセントも効いてます

右)ハーブ鶏のグリルチキン…こちらも柔らかくて美味!味付けが2種類あって嬉しいです

 

↓こちらが「和食」版ですね

画像内左)島豆腐のサラダ…ごまドレッシングと島豆腐がよく合います

画像内右)麩ちゃんぷる…だしを吸ったお麩が美味しい!

 

左)刺身の盛り合わせ…どれも美味しかったですが特にイカが柔らかかった!

右)島野菜の天ぷら…これが一番好き!山菜の天ぷらともまた違う、美味しいお野菜!

 

上記の4品に加えて、さらにお味噌汁とご飯が付いてます。(ご飯おかわり可!)

主人は大喜びでおかわりしてました。

本格的な沖縄の伝統料理というわけではありませんが、なるべく沖縄産、宮古島産の食材を使うようにしているそうで、食事を楽しんでいただきたいというオーナーのお気持ちが伝わってくるメニューでした。

 

かなりボリュームがあるので、男性でもお腹いっぱいになります。

これだけ大満足の夕食で、お値段2,000円です!

 

 

そしてさらに嬉しいことに、食堂でご飯をいただいたお客さんに向けて

食堂に置いてある「泡盛」が無料でいただけるんです!

あ、ありがたや…!!

まろやかでとっても美味しかったです。隣においてあった「さんぴん茶」(こちらも無料!)と割って飲むと、なんともサッパリして飲みやすく、ついついおかわりしちゃいました(笑)

 

ちなみに朝食はこんな感じです↓

 

白身のお魚がふわふわで美味しかった!

小鉢メニューも豊富で嬉しいです!島野菜が色々使ってあって楽しめました。

朝食もご飯もおかわりしてもらえました。

 

まとめ

宮古島のペンション、「凸凹屋」さんについてお話しさせていただきました。

私が凸凹屋さんをオススメする理由をもう一度まとめてみます。

 

  1. 静かな島で、時間を忘れのんびり過ごすことが出来る
  2. 設備が充実していて、海遊びにも最適!
  3. オーナー手作りのご飯が美味しい!種類も豊富!

 

いかにもリゾートといった雰囲気のホテルも素敵ですし、泊まってみたいとは思うんですが…

この「凸凹屋」さんで味わえるなんともいえないゆったりとした時間と、オーナーさんのお料理が美味しいので、心地よくて、ついこちらにお世話になってしまいます。

 

また池間島は自然が手つかずになっている所も多く、海がとにかくきれいなので、凸凹屋さんでマリングッズをお借りしてシュノーケリングするのもおすすめですよ!

ビーチのように整備されたりはしていませんが、そこがまたちょっとした探検っぽいムードを醸し出してていいんですよね(笑)

↑池間島の「フナクス」と呼ばれるところです。本当にキレイでした!

 

皆様も是非、「凸凹屋」さんに宿泊して、池間島の美しい海と自然を思い切り堪能してみてください!

日頃の疲れが癒されること間違いないと思います。

 

※なお、凸凹屋さんを予約する際には、お食事の予約方法やレンタルグッズの借り方など、予め知っておくべき情報があります。まずは公式ホームページで確認してみてくださいね!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

関連記事

宮古島でシュノーケリング&カヤックを楽しもう!