イタリアでトイレに行きたくなったら?日本とはまったく違うトイレ事情に注意!

イタリア
スポンサーリンク

イタリア旅行で街中を観光している時、トイレに行きたくなることって当然ありますよね?

 

日本では公衆トイレも気軽に使えますし、最近ではちょっとコンビニに入ってお借りする、

なんてことも出来て大変便利ですが、イタリアではそうはいきません。

 

まず、無料でトイレを貸してくれる所はありません。

公衆トイレは有料で、しかもハッキリ言って汚いです。

そして、トイレの数が極端に少ないです。日本のデパートのトイレのように個室がずらり、なんて光景には滅多にお目にかかれません。

日本とは習慣がまるで違うイタリアですから、旅行に行く際にはこのあたりのトイレ事情をチェックしておくと現地で慌てなくて済みます。

今回は私が実際にイタリアを観光した時の経験も織り交ぜつつ、イタリアでのトイレ対策についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

イタリアでトイレに行きたくなったら?日本とは全く違うトイレ事情に注意!

イタリア観光中にトイレに行きたくなったらどうするのか?

私がおすすめする対策はコチラです!

  1. バール(カフェ)でトイレを借りる
  2. 食事を取ったレストランでトイレを借りる
  3. 美術館や博物館などのトイレを借りる
  4. デパートなどの大型店でトイレを借りる
  5. ホテルのトイレを借りる

それぞれ、注意するポイントなどもありますので、それらも踏まえて一つずつお話しさせていただきますね。

1.バール(カフェ)でトイレを借りる

イタリアには「バール」という、ちょっとしたカフェのようなお店が至る所にあります。

お店の看板に「BAR」と表記されているお店がそうです。

(日本で想像する「バー」とは違うので、夜だけでなく昼間も営業しています)

↑実際にナポリで立ち寄ったバール。こんな感じの立ち飲みスタイルのカジュアルなお店です。

 

こちらでトイレを借りるのが一番手っ取り早くオススメです。

バールでは、法律によってトイレの設置が義務付けられているため、必ず店内にトイレがあります。

しかも街中のいたるところにありますから、よっぽどの過疎地でない限り見つからないということはありません。

 

ただし、使用するにあたっていくつか注意点があります。

  • 1杯のコーヒーや、ガムなど何かひとつお買い物をする
  • お金払ったんだから使っていいでしょ、的な態度はダメ
  • トイレが綺麗かどうかは期待してはいけない

こちらの注意点も一つずつ詳しく見ていきましょう。

1杯のコーヒーや、ガムなど何かひとつお買い物をする

ただトイレだけ借りて出ていくのではなく、エスプレッソを1杯注文するか、ガムなどの少額のお買い物をするのがマナーです。あくまで「お店を利用するからトイレを使わせてもらう」というスタンスを忘れないようにしてください。

ちなみにイタリアでは「カフェ」と注文すると大体エスプレッソが出てきます。なので注文も簡単ですね。

1杯のカフェは大体1ユーロ程ですから、トイレを探してさまようより、サッとバールに入ってトイレを借りた方が効率的です。

それに本場のエスプレッソは美味しいですし、いい休憩になります。

お金払ったんだから使っていいでしょ、的な態度はダメ

日本のような「無料サービス」「どうぞお気軽に使ってください」というマインドはイタリア人の中には存在しません。冷たいわけでもなんでもなく、文化や風習の違いなのです。

トイレを借りる時は一言

「Posso usare il bagno?(ポッソ ウザーレ イル バンニョ?)」

(トイレ借りていいですか?)

と声掛けするのが良いですね。カフェを注文した際に伝えるとスムーズです。

トイレが綺麗かどうかは期待してはいけない

日本のお店だったら、店員さんが交代で清掃してチェック表まで作って徹底して清潔に~なんてところが多いですが…

残念ながらイタリアではお店のトイレだからといって必ずしも綺麗とは限りませんので、そこはあんまり期待しないほうがいいです。

一つの目安として、お店の見た目がキレイなバールは、トイレも割とキレイな場合が多いです。

お店に入る前に、外から見てチェックしてみるのもいいですね。

 

食事を取ったレストランでトイレを借りる

レストランにももちろんトイレはあります。

食事を取った際は、堂々とトイレを借りられるチャンスでもあります(笑)。

そんなに行きたいわけではなくても、必ず立ち寄っておくことをおすすめします。

 

トイレの場所が分かりづらい場合もあるので、先程のバールと同じく

「Posso usare il bagno?(ポッソ ウザーレ イル バンニョ?)」

(トイレ借りていいですか?)

の一言があればスムーズに利用できます。

私は一度間違えて厨房に入りそうになって笑われてしまいました…(笑)

 

美術館や博物館などのトイレを借りる

美術館や博物館などにも、必ずトイレがあります。

観光で美術館や博物館に行かれる場合は、ここでもトイレを済ませるといいですね。

 

注意点としては、人気の展示施設や休日は当然混み合いますので、そこのところを見越して多少並ぶのは覚悟の上で、早めに利用するのが吉です。

デパートなどの大型店でトイレを借りる

観光でショッピングを楽しむ時、大型デパートがあればそこにもトイレがあります。

大型デパートの良いところは、何か買ったりしなくても無料で利用できるという点です。

 

ただしデメリットとして、かなり列に並ぶことになります。

デパートは立地もよく分かりやすい場所にありますし、しかも無料でトイレを利用できるとあれば、混まないわけがありませんよね?

それに、イタリアのトイレは驚くほど数が少ないです。

日本のデパートやショッピングモールの

トイレのように個室がずらり、なんてことはほぼありません。2~3個しかない!なんてことはザラです。

ミラノやローマ等の有名観光地で、大通りに面したデパートなどはトイレに長蛇の列ができることで有名です。

デパートでトイレを利用する場合は待ち時間を覚悟の上で利用すると覚えておいてください。

ホテルのトイレを借りる

急な腹痛など、具合が悪くなったときにはホテルのトイレを借りるという手もあります。

ただし、宿泊客でもない人にトイレを貸すのを嫌がるホテルもあるので断られる可能性もあります。

当たり前に貸してもらおう、という態度を取らずに、さも困った顔をして

「Posso usare il bagno?(ポッソ ウザーレ イル バンニョ?)」

(トイレ借りていいですか?)

とお伺いをたてた方が、借りられる率が高いかもしれません(笑)

 

ちなみに画像のホテルのように「イタリア国旗とヨーロッパ連合の青い旗」が目印になりますので、遠くからでも見つけることが出来ますよ。

 

まとめ

イタリアでトイレに行きたくなった時の対策についてお話しさせていただきました。

最後にもう一度まとめてみましょう。

  1. バール(カフェ)でトイレを借りる
  2. 食事を取ったレストランでトイレを借りる
  3. 美術館や博物館などのトイレを借りる
  4. デパートなどの大型店でトイレを借りる
  5. ホテルのトイレを借りる

一番オススメかつ簡単なのが、バールでエスプレッソを注文しつつトイレを借りる方法ですね。

バールは街中の至るところにあるので、見つからなくて探し回るということはまずありません。

1杯のエスプレッソに1ユーロ程かかりますが、公衆トイレ等を利用したとしてもどのみち有料ですから1ユーロ程は払わなくてはなりません。

だったら手軽に入れて、探し回る心配のないバールを利用した方が効率がいいです。

 

お店の方も観光客がトイレを求めてくるのは慣れたもので、注文さえすればスムーズに借りることができます。

私が新婚旅行でイタリアに行った際は、とっさにイタリア語が出てこなかった主人が

「あ、あの…トイレ…」と日本語で言ったにも関わらず貸してもらえましたので(笑)

 

あとは、レストランや美術館などを利用した時に、トイレがある所に行ったら、必ず立ち寄るようにすると安心ですね。

 

とにかくトイレ事情が日本とはまったく違い、いつでもどこでも入れるわけではないということを念頭に置いておくと、いざ旅行に行った際に焦らずに済みます。

素敵なイタリア旅行に、この情報がお役に立ちましたら幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

イタリアのトイレの使い方!事前に知っておけば安心です

イタリアでのスリ対策法!旅行を台無しにしないために気を付けたい6つのコト